不眠症

不眠症に対する当院のアプローチ
ぐっすり眠れてスッキリ目覚める体を作る整体法

このようなことで困っていませんか?

疲れているのになかなか寝つけない
寝てもすぐ目が覚める それからなかなか寝付けない
起きる時間より早くに目が覚める
次の日に仕事や予定があると考えると余計に寝られない
枕やベッドなど色んな寝具を試したけどなかなか寝られない。
睡眠薬(導入剤)を飲まないと寝られない。
起きてもぼ-っとしてしまいとスッキリ目覚める事が出来ない。

これらは自律神経の乱れからくる睡眠障害です。

自律神経には交感神経と副交感神経という二種類があります。
日中は交感神経 寝る時は副交感神経が活発になることで睡眠にスムーズにはいるのですがその切り替えが出来ないというのが不眠です。

なぜ副交感神経が働かないのか?
それは日中に交感神経を過度に興奮させてしまっているからです。

その一番の原因として考えられるのがストレスです。

ストレスには自律神経の治療のページでもより詳しく書いていますが4種類あります。

1精神的ストレス (仕事、人間関係 育児など一般的に言われる日常にあるストレス)
2構造的ストレス (姿勢の崩れ 背骨、骨盤の歪み 筋肉の凝りなど)
3化学的ストレス (栄養の過不足 添加物 化学物質 たばこ など)
4温度、湿度 環境ストレス (寒すぎ 暑すぎ 寒暖差など)

人それぞれどの部分のストレスが多いかは違いますがそのトータルストレスが多い事が不眠の原因になっているのです。

そのため不眠症を改善する=あなたの体にかかったストレスによる負担を減らす事が大事になります。

不眠症改善の施術の流れ

STEP1 問診

まずはあなたの状態をおうかがいさせていただきます。
お話を聞いてからより具体的な施術のお話をさせていただきます。
心配なこと不安な事などは問診時に施術者にお気軽におっしゃってください。

STEP2 検査

対光反射で自律神経の状態を検査し、さらに体の歪みなどを詳しく検査して構造的ストレスをみていきます。

STEP3 施術

体の歪みを調整して歪みのない寝やすい体を作ります。
さらに頭部を施術することで脳脊髄液の流れをよくしたり脳波をよくすることで自律神経の安定をめざします。

STEP4 説明

施術後の体の変化のチェックと少しでも快眠出来るように日常生活で気をつける事などをお話させていただきます。

睡眠の問題も痛みと同じように患者さんにとっては大きな負担になります。
睡眠に対する不安がさらに睡眠を妨げたり、日中の集中力や記憶力の低下、さらには感情的にもイライラしやすかったりと二次的な体の害が増えることになります。
逆を言えば睡眠が改善すれば今ある睡眠に対する不安な気持ちはなくなりしんどかった体もスッキリすることで日常生活の質も向上します。
睡眠の問題は自律神経の問題で頑張る事や努力することで改善出来ない問題の一つです。
体を調整することで正しいリズムの睡眠を取り戻しませんか?

PAGE TOP