起立性調節障害

朝スムーズに起きれない
体を朝から
ニコニコ元気に
学校や会社に行ける体へ!!

こんな症状でお困りではないですか?

・朝なかなか起きる事ができない
・たちくらみ、動悸、頭痛、倦怠感(だるい)などの症状がでる
・起きてもすぐ行動できないので学校や会社に行くことができない
・午後からは元気だけど午前は元気が無い
・朝からは食欲もなく食べられない
・病院で起立性調節障害と言われた

頑張って起きようにも気持ちではどうにもならないお体でお困りではないですか?
これらの症状は一般的に起立性調節障害(OD)と言われる方々にみられる症状です。
自律神経機能不全の一つとされています。昔からある症状で思春期以降に起こりやすく成長と共によくなっていくと言われていましたが、今では学生の時からはじまり社会人になるような年齢でも同じような症状が続いてしまってお困りの方も多くおられます。
低年齢のうちから適切な治療が必要です。

気持ちが問題の症状ではなく起立性調節障害も
自律神経失調症の一つですので自律神経の
バランスを調整する事が治療の鍵になります。

起立性調節障害改善へのアプローチ

その1.姿勢の改善

起立性調節障害の方の多くは猫背など姿勢に乱れがあります。
自律神経を含めたすべての末梢神経は背骨を通って全身に張り巡らされています。
姿勢の崩れ=自律神経の崩れにつながります。
改善のために必須とも言える部分それが姿勢です。

その2.睡眠の質の改善

起立性調節障害になる方の多くは夜型の生活に
なりやすいです。
それを改善するために睡眠の質を改善していきます。
具体的には整体によって寝付きを良くする事、
そして深く眠れる体にすることです。
しっかり眠れる体をつくることも改善の鍵になります。

その3.脳脊髄液(のうせきずいえき)の流れの改善 脳波の改善

姿勢の崩れによって脳脊髄液の流れが悪くなると朝起きられない、起きてもめまい、ふらつき、
頭痛などが症状がでます。
脳脊髄液の流れをよくする施術を行います。
さらに頭とお顔に特殊な施術で刺激を送ることで脳波の中でもリラックスと緊張の一番いいバランスになるα波(αⅡ)を出しやすくします。

その4.日常生活アドバイス

日常生活で気をつけると改善のスピードが変わってきますので
その方のお体にあったアドバイスをさせていただいております。

 

起立性調節障害でお困りのお子さんをお持ちのご家族へ

お子さんの調子をどう改善してあげればいいか分からなくて困っているという親御さんのお悩みを聞く事が多くあります。
上にも書いていますが子供さん本人が努力して改善するという事ができないのがこの症状です。
お子さんがもし学校や会社に行けなければその子の将来を心配するご家族もとても辛い思いをされていると思います。
同じような症状をお持ち子供さんの多くは家族に連れられて来院されています。
この症状には家族の協力も必要です。当院とご家族と一緒に改善を目指せれば一番の近道です。
お子さんがもしお困りでしたら是非連れて来て下さい。
本人の笑顔と家族の笑顔を取り戻すために当院が力になります!!

最後に

辛くてしんどいのに外から見てはわからないので周りに理解されないという精神的な辛さもお持ちではないですか?
他にも学生さんであれば出席日数や単位、進路の悩みも抱えて来られる方も多いです。
早く元通りの生活に戻れるよう当院では治療を通じて支援をしています。
体の外から改善することで体は変わり症状も変わっていきます。
当院で朝からニコニコ元気に行動出来る体をつくりませんか?

ご予約の方法

お電話もしくはネットよりご予約をお取りください。

お電話によるご予約は以下の、
フリーダイヤルまでご連絡ください。

電話受付時間 8:30~19:30
定休日:水・日・祝日
「はい!きくの鍼灸整体院です」とお電話に出ますので
「ホームページみました。自律神経治療を予約希望です」とお伝えいただくとスムーズです。
その後に ご希望日時  お名前 お電話番号などをこちらからおうかがいします。
第一希望にそえない可能性もございますのでお電話の前にご来院できる日程をいくつかご用意いただくと
スムーズにご予約をお取りすることができます。

PAGE TOP